永久脱毛の定義

永久脱毛と聞くと、全くムダ毛が生えてこなくなる状態のことだと思いがちですが、そうではありません。

 

米国電気脱毛協会やFDA(米国食品医薬品局/日本でいう厚生労働省)による永久脱毛の定義は以下のようになっています。

 

米国電気脱毛協会

「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」

 

FDA

「毛包内のメラニンの選択的標的化を通じて、安定して、長期的または永続的に毛の削減を達成すること」
「いくつかのセッションを含む治療後に再成長した毛の数が長期的に安定して減少すること。」
「永続的な減少であり、永久的な除去ではない」

 

つまり、永久脱毛とは一生ムダ毛が生えてこないことではなく、あくまで「現段階よりも80%以上のムダ毛が長期的に減少し続けること」となります。

 

言い換えると「一切のムダ毛が生えてこなくなることは100%ありえない」ということです。

 

この永久脱毛の定義を理解していないと、施術してもらった後に毛が少し生えてきたのを見て、
「あれ?永久脱毛って言ったのに毛が生えてきてるじゃん!詐欺かよ!」
とムダに怒ることになってしまいますので注意しましょう。

 

上記の場合、悪いのはクリニックではなく、永久脱毛の定義を理解していない方です。

永久脱毛ができるのはレーザー脱毛

脱毛には、大きく分けて2種類あります。

 

・光(フラッシュ)脱毛
・レーザー脱毛

 

それぞれの仕組みを簡単に説明すると・・・

光脱毛とは

エステサロンが行っており、メラニンに反応する弱い光を毛根に浴びせることで、毛の再生力を弱らせる脱毛法です。
広範囲に光を照射できるので施術時間が短く、弱い光なので痛みも少ないのがメリットです。
しかし、その分効果も弱く、永久脱毛の状態に近づくためには18回〜30回(3年〜5年)以上かかります。

レーザー脱毛とは

医療クリニックが行っており、メラニンに反応する出力の高いレーザーを毛根に向けて照射し、毛の元となる毛乳頭を破壊することでムダ毛を生えてこなくさせる脱毛法です。
照射口が小さめで1ショットずつ照射するためフラッシュ脱毛よりも施術時間が長く、強いレーザーなので痛みもあります。
しかし、近年では施術時間が短く、傷みが少ないレーザー脱毛器も誕生しており、クリニックを選ぶ人が増えています。
毛質や体質にもよりますが、5回〜8回(1年〜1年半)サイクルを守ってしっかり施術をすれば永久脱毛の効果を感じることができます。

 

上記の仕組みを読めば分かるように、永久脱毛の状態になるためにはレーザー脱毛を選択するのが賢いといえます。

永久脱毛を認められているのはクリニックだけ

厚生労働省は2001年に「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて(平成13年11月8日医政医発第105号厚生労働省通知)」を発表しました。

 

この通達には、医師免許を持っていないものが以下の行為を行えば、医師法に違反すると書いてあります。

「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」

 

簡単に言うと、【レーザー脱毛などで毛根を刺激して毛乳頭などを破壊する脱毛行為は、医師免許が無いとできませんよ】ということです。
つまり、国から認められているのは免許をもった医師や看護士が施術する医療クリニックのレーザーによる永久脱毛です。

 

この通達を受けてから、エステサロンは脱毛ではなく減毛というフレーズを使うようになりました。
毛乳頭を破壊すると法律違反になるため、毛乳頭を破壊するほどのパワーがない光脱毛器を使うしかないのです。

 

とはいえ、エステの脱毛は全く効果がないわけではありません。
クリニックの3分の1程度の効果はありますので、時間がかかってもよいなら気軽なエステサロンを選択するのもアリでしょう。

安くて痛くない永久脱毛もある

昔はクリニックの医療脱毛と聞くと「痛い・料金が高い・火傷のリスクがある」など、手軽に試せるイメージではありませんでした。
しかし今は技術が発達して、痛みが少なくなった最新型医療レーザーマシン「ソプラノアイスプラチナム」が誕生したり、エステよりも安く医療脱毛が受けられる「レジーナクリニック」がオープンするなど、医療脱毛業界が変わってきています。

 

レジーナクリニックのような痛みが無い・料金が安い・肌トラブルのリスクがないクリニックが増えてくると、エステサロンが勝てるところが一つもありません。
このまま医療業界が発達していけば数年後、脱毛エステサロンは消えているかもしれませんね。