ライトシェアデュエットとは

ライトシェアデュエットとは、ルミナス社が販売している「ライトシェア」の後継機にあたる医療レーザー脱毛器です。

 

ライトシェアはアメリカのFDA(日本の厚生労働省)から世界初の薬事承認を受けた、いわば世界に認められた脱毛器になります。
そのライトシェアのパワーアップバージョンといえばわかりやすいですね。

 

もちろんメリットも多いのですが、公式サイトには書いていないデメリットもしっかりとお伝えさせていただきます。

ライトシェアデュエットの脱毛の仕組み

黒色のメラニン色素に反応する【ダイオードレーザー】を照射して毛根・毛母細胞を破壊することで毛を発毛させないようにする仕組みです。
その高い信頼性から、現在もっとも流通している医療レーザー脱毛器となっており、大手の脱毛クリニックでよく使われています。

ダイオードレーザーって何?

ダイオードレーザーとは、半導体のダイオードを光源として810nmの波長を出し、メラニンに反応させて毛根を破壊するレーザーです。
アレキサンドライトレーザーと並んで、日本人に合うレーザーとして認知されています。
アレキサンドライトの波長が755nmに対し、ダイオードは810nmですので理論上はダイオードの方が肌奥深くの毛根に作用するということになります。

冷却装置内臓&吸引システムで痛み軽減?

ライトシェアデュエットには肌を吸引して痛みを軽減する仕組みが取り入れられています。

 

1:皮膚を吸引します

 

2:レーザーを照射します

 

3:皮膚の吸引を解除します

 

肌を吸引することで毛根と照射口の距離が近くなり、低出力でも毛根に働きかけることができますので結果的に低出力で脱毛できる=痛みの軽減に繋がると解説されています。
※後で詳しく書きますが、実際はかなり痛いです。

ライトシェアデュエットのメリット・効果

照射口が広いから施術時間が短い

ライトシェアデュエットの照射ヘッドは「22mmx35mm」のビッグサイズです。
旧型機ライトシェアの照射ヘッドは「9mmx9mm」でしたので、約9倍の大きさになっています。
つまり旧型よりも約9倍の速さで脱毛することが可能になりました。
こちらがライトシェアデュエットの動画になります。

照射口が四角いから照射漏れや重複が少ない

ライトシェアデュエットの照射ヘッドは長方形になっており、ライバル脱毛器ジェントルレーズの円形と比べて、照射漏れや重複しにくくなります。
つまり、脱毛範囲にムラが出たり、重複による肌荒れのリスクが少なくなります。

2種類の照射口(ハンドピース)を使い分けられる

ライトシェアデュエットはビッグサイズの照射口と、旧型の小さい照射口を使い分けることができます。
これによって、背中や太ももなど広い部位は「22mmx35mm」サイズを、VIOや顔など細かい部位には「9mmx9mm」サイズを使えるので、安全に施術することが可能です。
ライトシェアデュエットの「デュエット」には大小両方のヘッドを使うことができるという意味が込められているのです。

多少の日焼けなら照射できる

アレキサンドライトレーザーの波長(755nm)よりも、波長が長いダイオードレーザー(810nm)を採用し、吸引システムを搭載していることから、毛根以外のメラニンには反応しにくいです。
ですので、白人よりもメラニンが多めな日本人に最も適したレーザーだと言われています。
アレキサンドレイトレーザーの場合は、日焼けしたお肌への施術は厳禁ですので、あなたが褐色のお肌ならライトシェアデュエットの方が安全です。

導入しているクリニックが多い

以上のメリットのせいか取り入れているクリニックは多いです。
有名ところでいえば、リゼクリニック、アリシアクリニック、クレアクリニックあたりでしょうか。

ライトシェアデュエットのデメリット・欠点

痛みがある

痛くない・無痛などと書いているサイトが多いですが、実際はかなり痛いです。
冷却装置が内臓されていますが、体感であまり感じることができません。
さらに吸引システムによって逆に痛く感じたという口コミも多数あります。
痛いのが我慢できないのなら、ソプラノアイスプラチナム、メディオスター、ジェントルレーズプロ(出力弱め)あたりを選びましょう。
あるいは麻酔によって痛みを感じなくしてもらう方法もあります。

増毛化・硬毛化、ヤケド、毛膿炎などの肌トラブル

脱毛器やエステ・クリニックに限らず、脱毛という行為には
・毛が逆に増える増毛化
・毛が硬くなる硬毛化
・レーザーによる火傷
・毛穴の奥に細菌が入り込んで炎症になる毛膿炎
などのリスクがある程度あります。

 

特に、ライトシェアデュエットは肌を保護する冷却ジェルを塗りませんし、冷却ガスも噴射しないので、肌を傷つけるリスクが高めだと感じます。

 

トラブルが起こったとき、エステサロンだと自分で提携病院まで行かなければいけません。
でもクリニックの場合は医師が常駐しているので、何かトラブルがあったときにはすぐに対応してくれますし、お薬も処方してくれますのでそこまで不安に感じる必要もありません。